何気ない毎日の中に“幸せ”がたくさんあるんだよね・・


by akko611
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:その他( 8 )

天へ

a0167520_125171.jpg

神に生涯を捧げた一人の人が天に帰っていきました

その人はハ・ヨンジョ牧師

神にとらえられた人

神の愛を伝えるために命を懸けた人

愛することを貫いた人


ハ先生の生き方を真似することなんてわたしには到底出来ないです

けれども先生の情熱に学びその生き方を忘れずに献身の道を生きます

ハ先生の姿がCGNTVで流れる度 涙が止まりません

地上での働きを終えたハ先生

ハ先生は愛して愛して止まないイエス様のいる天国へ行かれたのですね

胸が詰まる悲しみを覚えますが…
イエス様と一緒にいる笑顔のハ先生を思いながら追悼の時間を過ごします

ハ先生 ありがとう
神の愛を献身の情熱をありがとう


神様は私たちのために
美しく、祝福された人生を備えてくださいました。

それは敗北ではなく
勝利であり
絶望ではなく希望です。
“愛するあなたに”より ハ・ヨンジョ著


[PR]
by akko611 | 2011-08-03 12:33 | その他

再生に向かって

センターの朝は前回にも報告iしたように祈り会から始まります

この働きはイエス様の働き
今日の働きをイエス様に聴きます
a0167520_1785333.jpg

主人も前の日より体調が良いようでわたしも一安心

この働きのリーダーである平福音キリスト教会の森牧師先生
a0167520_1924730.jpg

朝のミーティングも賛美と祈りから
世界中・日本中 老若男女たくさんのボランティアが集まります
わたしが抱っこしているのは奈良から来た6ヶ月のミーくん
前の日炊き出しに行った避難所で大人気だったそうです
a0167520_1961337.jpg


ミーティングが終わると2㌧トラックの支援物資が届いたとのこと
作業に分かれる前に荷物を総出で降ろしました
a0167520_17122574.jpg

a0167520_1995840.jpg
 
みんな必要なもの
a0167520_1713023.jpg

a0167520_1992049.jpg

これをまた宮城県の方にも届けるそうです
a0167520_17132623.jpg

a0167520_1715538.jpg

主人は瓦礫撤去のチーム
わたしは届けられた物資の仕分けや生活支援センターの手伝い

支援センターには1日物資を取りに来られる方々が絶えません

「自分のものはともかく子どものものを・・・」と小さなお子さんを持つお母さん達多く来られました

震災の日のこと
今の生活のこと 心の内にある思い
お母さん達の思いを応援する必要はここにもあります

被災地は今再生に向かい始めたばかりです
世界中・日本中の応援もこれからが本番です








[PR]
by akko611 | 2011-06-10 17:35 | その他

おかえりなさい

皆さんのお祈りを心から感謝致します

いわきから戻りました

今回いわきに行くのは2回目だった事もあり行き帰りもスムーズでした

ただ・・・出発の日 主人がいつになく辛そうな表情
どうやら発熱している様子

主人には助手席で休んでもらい
運転はわたしが担当

もう一度行きたい 行って少しでも皆さんのお手伝いがしたい・・・
主人はこの1ヶ月の間毎日毎日いわきのことを話し祈っていました

身体が辛いのに「着いたら瓦礫撤去の作業に合流できるかな?」と助手席の主人

心の思いを誰よりも神様が知っていてくださるから
きっと神様が治してくださる・・・わたしは運転しながら祈りました

お昼過ぎに到着
センターに着くとスタッフの方が「おかえりなさい!」 

「おかえりなさい」かぁ・・・
確かにおうちに帰って来た匂いがするな

思わず主人と2人で「ただいま!!」と答えてしまいました


気持ちはやる気ですが身体がしんどそうな主人
皆さんに迷惑になっては困りますし
明日もあるので今日はセンターに残ってお手伝いをすることにしました

いわきも避難所から仮設住宅に移る方向に向かっています

センターは今“生活支援センター”として活動
必要な物資を皆さんが取りに来られる場所になっています
1日60人くらいの方々が来られるそうです 
a0167520_12162100.jpg

口コミでこのセンターを知った方々がほとんど
食料品から日用品・衣料品や電化製品などなど・・・
a0167520_1854390.jpg


現在いわきでは仕事がない方々が多いのでこのような支援は本当に必要な様子でした

運んできた皆さんからのオムツや諸々の物資をちょうど車から降ろしスタッフの方に渡すと
「あ~良かった!今ちょうどなくなってしまったんです 助かりました!!」

祈りが背後にあることはすべてが神の御手に置かれること
すべてを最善に用いてくださいます

神様が生きていていかに真実なお方かを見せていただきました

そして夕方
駅前で“デリ・チャ”(配達教会)ボランティア達も加わり応援参加
a0167520_18544348.jpg

a0167520_12312564.jpg

学校帰りの高校生のために5年前から始まった教会の働き
教会に行ったことのない高校生のために賛美やメッセージで神様を伝えます
a0167520_12283392.jpg

a0167520_18553086.jpg


伝えたいメッセージがあります
受け取って欲しいプレゼントがあります

伝える人もそれによって生かされています
そこに本当の“いのち”があるからです
a0167520_18578100.jpg



 


[PR]
by akko611 | 2011-06-10 12:51 | その他

お知らせ伝言板

お知らせ・その2
a0167520_11183758.jpg

来週火曜日から小さないのちを守る会の写真展が町田市民ホールで開かれます

町田駅からも近くの会場です
a0167520_11194513.jpg

コチラも東日本震災のチャリティー企画になっているようです

小さないのち誕生を追いかけた写真家荒井さんの写真展です

わたし達も伺いたいと思っています

お知らせ・その3
いわき市グローバル・ミッションセンターから支援物資協力のお願いです

トイレットペーパー・ティッシュ・夏服(男女)・下着(男女)タオルケット・パジャマ・靴・サンダル・靴下

オムツ(SML)パンツタイプのもの・粉ミルク(メーカ問わず)お尻拭き

お米・お菓子・レトルト食品・カップラーメン・サランラップ

072.gif緊急ではないそうですがストックが減っているそうです
避難所から仮設住宅へ移り生活する方がセンターに物資を取りに来られます

町カルに月曜日までに届けていただければわたし達が運びます

直接グローバル・ミッションセンターへ送っていただくこともできます


グローバルミッションセンター
福島県いわき市平字尼子町2-7
TEL:0246-23-5490
FAX:0246-23-5492

[PR]
by akko611 | 2011-06-04 11:31 | その他

ボランティア・出逢い

今回のボランティアでたくさんの出逢いありました

被災された方々との出逢いはわたしにとってかけがえのない宝

温かくて正直で忍耐強い…いわきの皆さん
「遠くから来てくれてありがとう」何人もの方々がそう言ってくれました


震災がなければ来なかった地かもしれない
震災がなければ出逢えなかったかもしれない・・・

マイナスは必ずプラスになります
大川先生が教えてくれるメッセージがもうすでに始まっていると確信しました

グローバルミッションセンター(平福音キリスト教会)のリーダー五十嵐さんご夫妻
熱いスピリットを見せていただきました
a0167520_20264019.jpg

今世界のクリスチャン達が日本のために祈ってくださっています
a0167520_20333137.jpg

日本は愛されています
a0167520_20362183.jpg

a0167520_20421976.jpg

捧げられる熱い祈りは必ず聞かれます
a0167520_20373135.jpg

イエス様ご自身が日本を愛しているから
a0167520_2043483.jpg

この地上では“痛みの人”として生きてくださったイエス様

そのイエス様が瓦礫の中に現われ

人々の中の悲しみや痛みに触れてくださっているのを強く感じました
グローバルミッションセンター
福島県いわき市平字尼子町2-7
TEL:0246-23-5490
FAX:0246-23-5492







[PR]
by akko611 | 2011-05-02 20:48 | その他

ボランティア・炊き出し

ボランティアの期間の中で2日間炊き出しがありました

韓国からのボランティアチームが担当
一回の炊き出しで50~60食分作るので準備は大忙しです

一緒に来た大和の教会の大学生Yくんも準備のお手伝い
玉ねぎ10個を切る係り
大丈夫~かな?
a0167520_13331119.jpg

おっ!!なかなか上手く切れてますよ038.gif
a0167520_13343061.jpg

何を頼まれても一生懸命Yくん
色んな人と出逢い 色んな経験が出来て…
Yくんの人生の大きな糧になるでしょうね

準備が出来たら避難所へ!
この日のメニューはビビンバ・ワカメスープ・サラダです
a0167520_13372692.jpg

手順良く盛り付けましょ~
a0167520_13385621.jpg

a0167520_1340657.jpg

細かい打ち合わせはないのに!!なかなかのチームワーク
a0167520_13413342.jpg

男性も頑張ってました
a0167520_13424316.jpg

お野菜いっぱい!愛情大盛りの韓国特製ビビンバ
避難所の皆さんも大喜びです
a0167520_13434046.jpg

アラッ?つまみ食い??
いえいえ…(笑)残り物をボランティアもいただけました
a0167520_1345385.jpg

韓国人はやっぱり凄い!赤いのはコチュジャン
こんなに入れちゃっていいの~?
a0167520_13465422.jpg

この日の炊き出しチームです
a0167520_144669.jpg


次の日の炊き出しニューはプルコギ・チャプチェ・ワカメスープ・サラダです
a0167520_13492197.jpg

a0167520_13514846.jpg

お菓子や飲み物もセンターから運びます
a0167520_1351995.jpg

お食事をしながらお話を聴きます
震災後からこうして丁寧なケアをすることをグローバルミッションセンターでは大切にしています

目の前にいる人の必要に手を差し伸べること
真心を込めて向き合いその人の話に耳を傾けること…
それが神様の“召し”です
a0167520_1444420.jpg




















[PR]
by akko611 | 2011-05-02 13:58 | その他
木曜日は前日避難所の方々にリクエストされた物資を早速届けに行きました

バナナや野菜・焼き鳥などなど・・・

2ヶ月の赤ちゃんが体育館の避難所に2人いましたので
義援金でベビーカーを購入

こうやって皆さんが捧げてくださった義援金が有効に用いられています

同行してくださったOさんの生まれた地域の避難所にも行くことができました
Oさんもご自分の出身地の避難所だけに気になっていたとのこと
a0167520_8574926.jpg

この避難所は山の中 土砂災害があったそうです
a0167520_8552625.jpg


午後は平工業高校と草野小学校で足湯ミニストリー・炊き出しです

“足湯ミニストリー”とは・・・
温泉のお湯を汲んできて被災者の方々の足のマッサージをしながらお話を聴くもの

主人がOさんと温泉を汲みに
この黄色いタンクに温泉が入っています
a0167520_925077.jpg


a0167520_942363.jpg

横では入れたて挽きたてコーヒーのサービスも!
a0167520_953821.jpg

センターから持ってきた衣類もバーゲン風に広げてお好きなものを選んでもらいます
女性の方々にはこう言ったことが気分転換になりますね
a0167520_983978.jpg

わたしもマッサージさせていただきました
主人が肩をマッサージ
a0167520_9102736.jpg

皆さん明るくお話してくれますが
長い避難所生活ではやはり疲れが溜まります
a0167520_9121928.jpg

「食事を与えられるだけなら動物と一緒。
こうしてボランティアさんが来てくれて話を聴いてくれる・・・
それが本当に嬉しくて有難いんです。」  そう話してくれた方がいました

「“当たり前”と思っていたことが実はそうではないんだよ。
家族がいること 妻がいること。 マイナスの中からも気付けたことがあるよ。」
60代のお父さんの言葉が心に響きました

日本が変わり始めています
何かが動き始めています

被災された方々も
支援するわたし達も・・・

それは世界も動かす大きなもののような気がしてなりません



[PR]
by akko611 | 2011-05-02 09:20 | その他
グローバルミッションセンターでの一日は祈りから始まります

6時にみんなで集まり賛美し聖書を開き神様からのメッセージを受け取ります

神様がわたし達に願っている働き 
人々の必要を満たせる働きになるように祈る時間は力です
a0167520_10301713.jpg

a0167520_10333960.jpg


水曜日は避難所まわりの働きを任されました

“傾聴ミニストリー”とセンターでは呼んでいます
a0167520_10325987.jpg

避難所で生活している方々の心の内にある思いを聴く働きです

いわき市内の避難所は約40箇所
大きな避難所には物資やボランティアが十分のようですが
小さな避難所は色々な面で見落とされているのが現状

わたし達はまだまわっていない避難所を一日かけて行くことになりました

まずはまわっていない小さな避難所をピックアップ
それから場所調べ
a0167520_10424977.jpg

いわき市は初めてのわたし達
午前中は好間公民館と言う20名ほどの方々が避難生活をしているところへ出かけました

日中は仕事や外出でほとんどの方が不在でしたが
数名の方々と出逢いお話を聴く事ができました

地震のこと
家のこと 仕事のこと これからのこと・・・

心の中にはたくさんたくさんの思いが詰まっているのです

不安や痛みを分かち合う・・・聴くことしか出来ないのですが
そのことで心が軽くなったら嬉しいです

卵や野菜・果物などが欲しいとのこと
後日届ける約束をしました

午後は3つの避難所まわりです

その内2箇所はこの4月で閉鎖 小さな避難所の現状です
a0167520_1293690.jpg

地元のOさんが午後は同行してくれました
a0167520_129543.jpg

a0167520_1262497.jpg

海沿いの地域は津波・地震の被害が生々しく残っています
a0167520_12121925.jpg

そんな中でも神様の優しさはちゃんと生きています
福島も春です
a0167520_1215157.jpg

イエス様が一人ひとりを大切に思ってくださるように
被災した方々の一人ひとりの思いや必要に応えるこの働き

震災から時間が経った今 
こう言った働きがとても大切だと感じました

072.gif救援物資を集めています072.gif
春物衣料(男女)・下着類(男女)・薬品(風邪薬・頭痛薬等)・布団セット(仮設住宅で生活する方が今後出てきます)
072.gif支援物資は新品・未使用品でお願いします
町カルに届けて頂いても構いませんしグローバルミッションセンターへ送って頂いてもоkです



[PR]
by akko611 | 2011-05-01 10:55 | その他